こま屋が作るこだわりの木のおもちゃ「つみき」

木は、赤ちゃんが触れたとき人肌に次いで心地よく感じる素材と言われています。

木はお部屋の温度・湿度に自然となじんで、そのぬくもりは人肌に近く、木そのものの堅さや重さも、鉄やプラスチックに比べて程よくて、香りからも自然の安らぎを感じさせる素材なのです。

(日本)九州の森から採れた木を無垢材のまま加工しており、ふわっと感じられる木の香りは九州の森の香りそのもの。

何十種類とある木の中から、小さな子どもの手になじむ重さや堅さ、大きさの実感がちょうど良いように、また木の香り、味や舌りざわりの違いも感じてもらえるように、つみきのピースは11種類のいろんな形と、九州の無垢材から7種の木材を色のバランスを考えて入れています。

つみきは「積む」「並べる」「叩く」「作る」「壊す」など、幼児期から子どもにとって大切な遊びの要素がたっぷりと詰まっています。

隈本コマでは、木のおもちゃをお届けする先が、お子さまの小さな手の中にあることを意識して、加工から梱包まで自社工房で一つひとつ丁寧に作り、大切に送り出しています。

 

隈本コマ | 福岡の玩具こまを120年に渡り作り続ける日本唯一の木工所