徳島からのお客さま

徳島県にある神山町で「しずくプロジェクト」として活動されている、ご夫婦が遊びに来てくれました。

日本全国の山々が荒れて社会問題となっています。“適齢期”の木が切られず、放置されると、木が成長しすぎて、森がぎゅうぎゅう詰めに。結果、日光が木に行き渡らなくなり、森全体が弱っていきます。

神山町でも、川の水量が減少し30年前と比べると3割に減ったそうで、川の水を増やすためには、過密になってしまった杉を切って、山肌に光が届くようにすることが大切と考え、間伐材の杉を使い、杉ならではの赤白の年輪を活かした「コップ」や「ボウル」などの器を作り、山や川を守るために「しずくプロジェクト」として活動されていました。

SHIZQ:http://shizq.jp

木目が荒く、柔らかい「杉」を削るために刃物から作るこだわり、またロクロ技術は大変素晴らしいものでした。

隈本コマ | 福岡の玩具こまを120年に渡り作り続ける日本唯一の木工所