「伝統を回し続ける老舗工房」と読売新聞に掲載されました。

古くから庶民に親しまれてきたこま。子どもの玩具というイメージが強いが、地方によっては縁起物としても重宝されている。今回は、老舗工房が手掛ける福岡と長崎のこまを紹介する。と始まり、長崎県の佐世保独楽本舗さんと一緒に掲載して頂きました。

 

 

隈本コマ | 福岡の玩具こまを120年に渡り作り続ける日本唯一の木工所