昔あそび交流会【こま】

今日のお客さまは、小学生の頃「けんかこま」で毎日遊んでいたというおじいちゃん。鉄芯のこまを手に取ると、無駄のないキレイな「ひきこま」からの「手のせ」とても上手でした。この一連の流れで良いこまか、悪いこまかが解るのだそうです。

今度、小学校の授業で「むかしあそび」と言う授業があり、先生から「こま回しを教えに来て下さい。」と頼まれ、よく回るこまを探していたのだそうです。

実は、同じように「子ども達との交流会」「地域の交流会」で教えるためにと探しに来られる方が増えています。こま遊びを伝承してくれている方々のために何かできないかと思案しました。

そこで、予算など限りのある場合には、回すのには問題のないこま(通常販売していないB品:節やヒビの入ったこま)などを半額で販売致します。※通常は販売していないので、スタッフにお声掛け下さい。

また、工房(福岡県八女市)まで取りに来て、返しに来て頂ける方に限られるのですがこまの貸出しもあります。※詳しくはお問合せ下さい。

更に、室内(体育館)でも回せるように、木の芯にした博多こまの商品化も考えています。

隈本コマ | 福岡の玩具こまを120年に渡り作り続ける日本唯一の木工所