MARUつみき

MARUつみき

MARUつみ木は2008年に販売開始しました。
当時テレビゲームの普及などにより、子どもたちの遊びが変化し、昔の玩具で遊ぶ子どもたちが減少していた状況の中、他にもれずこまの生産も少なくなっていました。
このままでは、将来こまを作り続けられるのか不安を持ち、こま以外の隈本コマらしい商品を作らなければと思い、子どもたちが一番長く遊べるつみき作りに取り組みました。
安心安全なつみきを作るために生産地の見える九州の材料と、丸みのあるやさしい形にこだわり試作をくり返しました。当時、インテリア研究所におられた本明子研究員に相談し、色んな形状の中から、色や重さ、匂いなどの異なる4種類の材料で組み合わせてMARUつみ木が完成しました。